日焼け止め選びで注意すること

こんにちは!
あっという間に6月ですね!
梅雨が来る前に夏の日差しを感じさせる
日が最近続いてるので、夏本番が恐ろしいです・・・笑ブログ画像
ところで皆さんは日焼け止めは
使ってますか?

べたついたりするのがイヤだ!
敏感肌だから塗ると肌が荒れちゃう!
下地にUVケア入ってるから大丈夫!
顔は塗るけど体は気にしない!!


なんて思っている方はいませんか??



危険です!!!!!!
日焼け止めをちゃんと塗っておかないと
秋にかけての乾燥の原因になりますし
なにより老化します!!!!!!!!!!!!!!!!!!



紫外線には
UVBとUVAがありますが

肌の真皮まだ届いて後の
しみ・しわ・老化の原因になるのがUVAです。

また、目から入る紫外線や体に浴びた紫外線もお顔の
しみ・しわの原因になります。



それから日焼け止めの効果を表すSPFとPAにも注意です☆
数値が高いほうが効果も高くなりますが、むやみに高い数値の日焼け止めは
肌への負担も増えます (´・_・`)


SPF…UVBを防ぐ指標
SPF1=20分ですので30の場合10時間抑制できることを表します!

PA…UVAを防ぐ目安。PA+から4段階で表記されます。
PA+++は非常に効果が高いという意味です!!!



数値の意味を正しく知って、肌やシーンに合ったものを使いましょう♪


ブログ画像

調子のいいうたい文句で安価なものや
好きな芸能人が宣伝しているからと・・・いう理由で選ぶのではなく

毎日使う分、化学のものが使われていない
自然のものからできた日焼け止めを使うのがベストです!