ぎっくり腰


梅雨に入ってジメジメした日が続いてますね。
気温も下がってきたので、風邪には注意したいですよね。

今日は「ギックリ腰」についてお話します。

上体を急にひねる、前かがみになる、重いものを持ち上げる、咳やくしゃみなど、大きな力が腰椎に加わったときに突然に腰がギクっとして激しく痛むことがあります。

通常「ギックリ腰」といいますが、正式には「筋・筋膜炎」といいます。

このような状態になったときには、歩行や寝返り、身動きが出来なくなり、身体を動かすと痛みがますますひどくなり、患部をさわると非常に痛むので、まずは動かさず安静にします。

ギックリ腰になる原因は、腰部の筋肉や靭帯が硬くなり、椎骨と椎骨の間にある椎間軟骨(椎間板)が圧迫されて、中心にある髄核が押し出されて脊髄神経に触れて痛みが出る場合があります。

それ以外にも、前かがみの姿勢を続けることにより、腰の筋肉に大きなストレスをかけているので、この負担に耐え切れなくなり痛みを起こしたりします。

同じ姿勢を多くとる、オフィスワーカー、長距離トラック運転手、タクシー運転手などの職業の方は、背骨や腰の骨の周りの筋肉が固まってしまい、ギックリ腰になりやすいのです。

ギックリ腰にならないためには、日頃から体に目を向けて、日々ケアをすることが非常に大切ですね。

当店では骨盤矯正やボディメークなどのメニューがございます。
身体のお悩みがあればお気軽にお電話くださいね。

https://symmetry-hiroshima.jp/

http://www.ekiten.jp/shop_6064070/

http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000263742/

シンメトリー袋町

082-567-4351