更年期について

20140524
こんにちは(^^)
最近一気に気候が良くなり暑い日が続いていますね。
体調管理が難しくなる季節ですので体温調節を上手くしていきましょう。

今日は更年期について書いていきたいと思います。


女性の一生は、ホルモンの変化とともにあります。
卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と黄体から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
女性ホルモンの働きは、生殖機能だけでなく、肌や血管・骨などを衰えから守ってくれます。

エストロゲンは別名『美肌ホルモン』といわれ、真皮のコラーゲンをつくり、水分を保つヒアルロン酸を増やしますので、活発に分泌されている時期の肌は、ハリ・ツヤのあるみずみずしい美肌になります。
分泌量は生涯でわずかスプーン1杯程度です。
40歳を過ぎる頃から少しずつ減少していくのですが、急激に減少する45~50歳前後からの更年期を迎えると、若い頃から浴びて続けてきた紫外線の影響も加味されて、加齢現象が現れてきます。

・代謝から落ち、肌の弾力や水分保持力が低下→たるみ・乾燥・シワ
・真皮組織の変性→くすみ・ごわつき・たるみ
・バリア機能や免疫力が低下→肌の再生・回復力の低下

毎日の生活習慣で、この時期を乗り越えることが大切です。
また、女性ホルモンが減ると、外見の変化と共に、皮下脂肪が減って、内臓脂肪が増えてくるという変化もあります。
筋肉量が減少していき、基礎代謝量が減ってしまうので、太りやすく痩せにくくなってきます。

若い頃と同じ食事をしていては、体重は増えることになるので、食生活を見直さなければいけません。

・高カロリーの食事を避けること
・血糖値を急上昇させない食事を心がけること
・食物繊維を多く含む食材を選ぶこと
・バターや肉の脂身を減らすこと
・豆や大豆製品を多くとること

糖分の取りすぎは、活性酸素の害を更に広げることが最近の研究でわっかってきています。
活性酸素が皮脂に働きかけて過酸化脂質を作り、真皮にあるコラーゲンなどの線維を硬く結びつけて、皮膚の弾力を失わせます。

糖質の摂り方には十分に気をつけましょう。


https://symmetry-hiroshima.jp/

http://www.ekiten.jp/shop_6064070/

シンメトリー袋町

082-567-4351