梅雨の季節

梅雨時は体がだるく、何をするにも疲れやすいという経験がおありですか?
真面目な人の中には、自分が怠けているせいだと考えて自分を責めてしまう人もいるほどです。
でも、梅雨時に体が疲れやすいのにはちゃんとした理由があるのです。

20140526

梅雨時に疲れやすい原因
・主な原因は温度差です。
6月は不安定な天気が続き雨が降ると急に気温が下がったり、かと思えばカラッと晴れて温度が上昇したりします。
同じ1日でも、朝夕は冷え込んだりと体温調節がしづらくなるので、自分ではそれほど気になってなくても体はダメージを受けている場合が多く急に眠くなったりすぐ疲れしまったりするのです。

対策
・できるだけこまめに体温調節をすることです。
外出する時は夕方の冷え込みに備えて一枚多めに服を持って出かけたり布団も寒くなったらすぐ上に掛けられるようにしておきましょう。
また、日光に当たる時間が少ないと眠りが浅くなり疲れがしっかり取れないという報告もあります。
太陽が出ているときになるべく短い時間でも外に出るようにするなどして意識的に日光を浴びるように心掛けると体内時計もしっかり調整され夜もぐっすり眠ることができるでしょう。
他は食中毒など食事や飲み物に注意し衛生面に気をつけてください。

理由を理解することで過度に自分を責めることなく、かつ効率よく動くことができると思います。

https://symmetry-hiroshima.jp/

http://www.ekiten.jp/shop_6064070/

シンメトリー袋町

082-567-4351