インフルエンザの感染予防!1分間の〇〇〇が大事!

こんにちは、シンメトリー袋町です(^^)/

 

広島市内でも最低気温が5℃を下回っている日々が続いていますね、
皆様、体調は崩されていませんでしょうか?

 

1月中旬を超えた辺りから、急激に
「職場の方が続々とインフルエンザになって・・・」
というようなお話を耳にするようになりました。

 

東京都や、愛知県などはインフルエンザが警報レベルを
超えてしまっているようです。
まだまだ広島でも広まりそうですので注意が必要ですね。

 

インフルエンザの対策としては、「手洗いが一番有効」と
専門家の方が言われています。

 

電車の吊り革や、階段の手すり、エレベーターの操作ボタン・・・
外出の際は、不特定多数の人が触れるものを触る機会が
非常に多いと言えます。

 

そして、人は無意識のうちに顔を触ってしまう、ということが
米国の国立衛生研究所(NHI)が調査した結果で挙げられています。

 

つまり、ウイルスが手に付着する機会が多く、その手で鼻や口、目を
触ってしまうことで感染するリスクが高くなってしまうのです。

 

だからこそ、インフルエンザに警戒が必要な今、
外出から戻ったら必ず手を洗うことが感染予防の基本になります。

 

 

また、手洗いの方法や手洗いにかける時間によって、
ウイルスを減らす効果をグッと高めることが出来ます。

 

手洗いの前の状態で約100万個のウイルスが付着していたとすると、
流水で15秒間の手洗いのみだと約1万個(約1%)はウイルスが残っているとされています。
そこを、ハンドソープで1分間もみ洗い後、流水ですすぐ方法にすると、
その数は約10個(約0.001%)にまで減らせることになります。
ここまで持ち帰ったウイルスを減らせれば、
食事前やトイレの後は流水で15秒の手洗いで十分とのこと。

 

もちろん、咳やくしゃみによる飛沫感染もありますが、
自分の手を介しての接触感染のほうが何倍も多いとの見解がありますので、
インフルエンザ流行時だけでも手洗いの徹底をしたほうが良いですね(^^)/

 

手洗いだけでなく、しっかりうがいをする、
できるだけ生活リズムを乱さない、バランスのとれた食事、
適度に体を動かす、といった免疫力を高める行動で
感染を予防していきましょう!

 

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000263742/