その痛みやモヤモヤは「気象病」?

こんにちは!シンメトリー袋町の山田です。

 

例年よりも遅い梅雨入りとなった近日
「雨の日は頭がズキズキ」
「梅雨時期はめまいがする、体が重たい」
「台風が近づくと喘息の発作が出る」

そんな症状…出ていませんか?

また今年の特徴として雨の日の前後で「喉が痛く声が出にくい」 という症状の方も多くみられます。

大気の汚れなどの影響でしょうか?
(近年大陸からのpm2.5や黄砂の飛来)
このように天候によって体調変化が起こる方が思ったよりも多いと感じる今日この頃。

昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。ただ、現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、年々このような症状のある方は増加傾向にあると思われます。

では、気象の影響を受けやすい人とはどのような方なのでしょうか?

◻︎睡眠時間が短い、浅い

◻︎偏った食生活。
◻︎空調の頼り過ぎ。
◻︎ストレスを溜め込む。
◻︎乗り物酔いをしやすい。
◻︎姿勢が悪い、猫背がちである。
□アレルギー体質である。
これらの項目に当てはまる方は可能性大です!
また、気象病の主な原因は気圧の変化で、内耳という器官が関係しています。気圧が変化すると内耳から脳に伝達され、体を順応させようとします。この内耳が気圧の変化に敏感だと、わずかな変化でも脳に過剰な情報が伝わり、頭痛・めまい・ぜんそく・関節痛・神経痛・鬱など、さまざまな体調不良を引き起こします。
その為、血流や内耳のリンパ液の流れを良くすることで改善することも多くあります。
・適度な運動
・十分な睡眠をとりなるべく同じ時間に起床
   する
・バランスの良い食事
私達シンメトリー袋町では生活習慣改善のアドバイスを含めたお家で出来る簡単なエクササイズの指導も行なっております。
梅雨時期の溜まった疲れを癒してお顔もお身体も夏にむけてしっかりリセットしていきましょうね。
皆さまのご来店心よりお待ちしてますね。