内臓疲労と肌荒れの関係

こんにちは! シンメトリー袋町です(^▽^)/

7月に入りまして、蒸し暑い日々が続いていますね…。
暑い!!とにかく暑い!!(;´・ω・)

7月中旬まではエコを意識して、
冷房を我慢するつもりだったのですが
……ダメでした 汗

ちなみに我が家では、
28℃設定を維持して冷房使用しています(^^)
皆様は何度設定で使用されていますでしょうか?

設定温度の目安として…
外の気温との差をマイナス5度以下にするのが良いとされているようです。
ただし、超が付くほどの猛暑日で38℃になるー! とかいう日は
「38℃‐5℃」だから33℃設定…って暑いじゃないか(;´・ω・)
ってことになるので、その場合は28℃を目安にされると良いです(^^♪




それと、、
「やっぱり夏は冷たーいビールでしょ!」とか
「夏と言ったらスイカ!!アイスも食べたい!!」とか。

飲み過ぎや食べ過ぎはもちろんいつだって
身体に良いものではありませんが…

暑いんだもん!クールダウンしなきゃ!!(^◇^)
と、キンキンに冷えた飲み物や食べ物、
夏に美味しいトマトやきゅうり等々ついつい口に
運んでしまいがちになりますが、

適量を心掛けないと、夏の間に冷やされ続けながらも
必死で頑張って働き続けてくれている内臓達は、
涼しくなってきた頃…

 やっと落ち着いた!
 よし、なんか色々疲れて傷だらけだから
 修復活動に専念しよう!(´・ω・`)

という判断をして、内臓の修復にエネルギーを
優先的に持って行ってしまうことになります。。
そして、肌に対しての栄養が後回しになってしまうので

気が付けばお肌が…乾燥するし、透明感ゼロだし、吹き出物でるし( ;∀;)
といった具合にボロボロになりかねません。。


「私はいつも良い化粧品使っているから肌は心配いらないの♪」

なんて油断している方、内臓も大事にしてあげて下さいね!!