体の重心

こんにちは!シンメトリー袋町です。
今日は姿勢のお話です(^o^)。

姿勢のチェックをする際、「猫背ですね」と言うと、
「そうなんですよ~」と言いながら、スッと姿勢を正すために
一生懸命に胸を張られます。

この胸を張った状態って、実は見た目は背筋がきれいに
伸びたように見えるのですが、余計に首コリ肩コリを誘発してしまします。

縮こまっている筋肉を無理に筋力を使って保とうとすることになるので
力が入って負荷がかかってしまうのです。

理想なのは体の中心以外は力がスッと抜けていること。

そのためには、ポジショニングが重要で、
自分の体の中心軸を意識することが大切です。

では、「中心軸ってどうしたら意識できるの?」ということですが、
ポイントは股関節と足の裏。

股関節と足の裏に上手に上半身を乗せることが出来ていると、
首・肩甲骨の緊張が解け、無理に力で胸を張らなくても、
自然に首がスッと伸び、デコルテが前に開かれる自然な姿勢になります。

ちょうど左右の股関節の真ん中の辺りが、
おへその下の丹田という力を溜める場所になります。

鼻筋、首のつけ根から丹田を通して中心軸を意識してみてください。

まずは立ったままで。
しばらくその状態でいると体の余計な力が抜けてくる感覚があると思います。

次にそのまま中心軸を保ったままに歩いてみてください。

慣れないうちは、腰を前に突き出して歩いているような変な感覚がするかもしれません。
慣れてくると重心の移動が楽にできるようになります。

街を歩いていると多いのが、足よりも腰が後ろにあり 
横から見ると足の先から頭までが「くの字」になって歩いている方です。

この状態で歩くと重心が腰にあり、
自分で股関節にブレーキをかけながら歩いているような状態になり
疲れやすくなってしまいます。
中心軸を保った歩き方をすると股関節が自由になり、足が前に出しやすくなります(^o^)。

と、長々と体のポジショニングの大切さについて書きましたが、
実はシンメトリーには、このポジショニングを履くだけで良くしてくれる靴下があるのです(^_^)V。

5本指の靴下なのですが、これがすごく良くて、お客様にも履くとなんか違う!と好評です(^_^)V。
ご興味がある方はぜひ、スタッフに聞いてくださいね。